スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回連続講座が終了しました

第2回連続講座が終了しました

 9月22日の午後6時から高島平の多文化共生のまちづくりを考える連続講座の第2回目が開かれました。
8月4日に開かれただ1回講座は高島平新聞の村中義雄会長を講師としてお招きして30名ほどの参加がありましたが、昨日の第2回講座には15名ほどの住民の方々が参加しました。
 今回の講師である中国籍の丁青山さんは、高島平団地に住んでから1年余りですが、日本は治安もよく住民の方々も非常に親切で感動をしたと話をされていました。電車の運行等を見ても時刻表通りで安心できること、高島平のまちもとてもきれいで印象に残っていることなども熱く語られました。ただ、丁さんの経験から、日本の会社は残業が多く、日本人社員も夜遅くまで残って仕事をすることがごく当然のようになっていることがおかしいのではないかとの問題提起もありました。
 講座の後には10数名の方が残り、丁さんを囲んで交流会が行われました。自己紹介では、様々な文化的背景を持つ人たちのお話で会場はおおいに盛り上がりました。
 高島平で多文化共生のまちづくりを考える上で、団地の存在は大きなものがあります。日本社会の先を行くように高島平団地では高齢化率も高くなっています。また一人暮らしのお年寄りも増えています。若者たち、お年寄り、障がい者や外国人などだれもが暮らしやすいまちをつくる必要があります。幸い団地に居住している外国人住民の年齢構成は若年層が多く、将来的にまちの活性化にとって欠かせない存在となるでしょう。
 高島平ACTも自治会や町内会、そして他の市民団体の方々と連携をしながら誰もが住みやすいまちづくりに取り組んでいきたいと考えています。

吉成勝男
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Secret

プロフィール

マリアカルメン

Author:マリアカルメン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。