スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回連続講座が終了しました

第2回連続講座が終了しました

 9月22日の午後6時から高島平の多文化共生のまちづくりを考える連続講座の第2回目が開かれました。
8月4日に開かれただ1回講座は高島平新聞の村中義雄会長を講師としてお招きして30名ほどの参加がありましたが、昨日の第2回講座には15名ほどの住民の方々が参加しました。
 今回の講師である中国籍の丁青山さんは、高島平団地に住んでから1年余りですが、日本は治安もよく住民の方々も非常に親切で感動をしたと話をされていました。電車の運行等を見ても時刻表通りで安心できること、高島平のまちもとてもきれいで印象に残っていることなども熱く語られました。ただ、丁さんの経験から、日本の会社は残業が多く、日本人社員も夜遅くまで残って仕事をすることがごく当然のようになっていることがおかしいのではないかとの問題提起もありました。
 講座の後には10数名の方が残り、丁さんを囲んで交流会が行われました。自己紹介では、様々な文化的背景を持つ人たちのお話で会場はおおいに盛り上がりました。
 高島平で多文化共生のまちづくりを考える上で、団地の存在は大きなものがあります。日本社会の先を行くように高島平団地では高齢化率も高くなっています。また一人暮らしのお年寄りも増えています。若者たち、お年寄り、障がい者や外国人などだれもが暮らしやすいまちをつくる必要があります。幸い団地に居住している外国人住民の年齢構成は若年層が多く、将来的にまちの活性化にとって欠かせない存在となるでしょう。
 高島平ACTも自治会や町内会、そして他の市民団体の方々と連携をしながら誰もが住みやすいまちづくりに取り組んでいきたいと考えています。

吉成勝男
スポンサーサイト

日本語教室に来ませんか

日本語教室では生徒さんを募集しています

 昨年4月から始まった高島平ACTの日本語教室では、新たに
生徒さんを募集しています。これまで、土曜日の午後4時から
6時の教室のみでしたが、月曜日の午前10時から12時30
分までの教室も開催する予定です。土曜日だけでも月曜日だけ
でも構いません。
 費用は会場費及び資料代として1カ月に1000円です。毎月
末に支払っていただきます。日本語教室は4名のボランティア教
師によって運営されています。会場は都営三田線新高島平駅前
のUR3丁目10-1号棟の1階集会場です。見学も大歓迎です。
お気軽にご参加ください。またお知り合いに外国人住民がおられる
方はぜひご紹介ください。
連絡は下記まで
080-4811-1414


吉成勝男

いたばしボランティアフェスタ・集いに参加しました

いたばしボランティアフェスタ・集いに参加しました

 5月13日の日曜日、いたばしボランティアフェスタ・集いに参加しました。
これまでフェアと集いは別々に開かれていましたが、今年からは同じ日に開
催することになったものです。フェスタの会場には30を超えるボランティア
団体が飲食の屋台で焼きそばやパン、手作りの物品を販売していました。
 高島平ACTは昨年に続き参加をしました。屋台でフィリピン風の焼きビ
ーフン(パンシット)、ココナッツジュースやバングラデシュの手工芸品な
どの販売を行いました。会場にパンシットがなかなか届かず、お昼時の販売
には出遅れましたが、淑徳短期大学ボランティアセンターの学生さん3人が
お手伝いをしてくれたため、予想以上の売れ行きでした。学生ボランティア
の皆さんは、ほとんど休むことなくパンシットやココナッツジュースを売り
歩いてくれました。本当にありがとうございました。なお高島平ACTから
は7名が参加しました。
 またフェスタの最後に、前日行われた助成金の公開審査の結果が発表され
ました。23団体の応募があり、18団体に助成を行うことが決定しました。
高島平ACTも多文化まちづくりのための連続講座で応募しましたが、助成
を受けられることになりました。前日の公開審査会では、代表のカルメンさん
と副代表のアンパーロさんがパワーポイントを使ってプレゼンテーションを行
いました。いたばし総合ボランティアセンターの皆様、ありがとうございまし
た。
 今後も、高島平ACTは地域の様々な団体とつながりながら、活動を続けて
いきたいと考えています。皆様の参加をお待ちしています。

吉成勝男

陸前高田に行ってきました

被災地・陸前高田に行ってきました

 4月4日と5日の2日間、陸前高田に行ってきました。被災地の
復興は少しずつ進んでいるものの、まだまだ多くの支援を必要と
しているようでした。
 現地の方に連れられて仮設の商店街を訪れました。3軒のお店が
営業をしていましたが、お菓子屋さんの店主とお話をする機会を
得られました。木村屋の木村さんは震災後、6か月ほどで、民間
のファンドから資金を借り入れて、同じ商店街の3店舗の方と営
業を始めたそうです。お店で、お話を伺っている間にもお客さん
が訪れていましたが、全国各地の方からも配送の依頼があり、お
菓子がおいしいと好評のようでした。実際にお土産でバームクー
ヘンとゆべしを買って帰りましたが、大好評でした。
 木村さんは5月5日の子どもの日に商店街の周辺を鯉のぼりで飾
りたいと、夢を語ってくれました。中学校や仮設住宅も近いことか
ら、鯉のぼりを見た子供や住民の方々が勇気づけられるのではない
かと熱く語っておられました。
 そこで、皆様にお願いがあります。ご家庭で不要になった鯉のぼ
りを寄贈していただけないでしょうか。ご連絡をいただければ、送
り先をお知らせいたします。皆さんのご協力をお願いします。

吉成勝男

4月から連続講座を開きます

4月から連続講座の開催を予定しています

 昨年9月にNPO法人に認証されて以降、高島平ACTでは初級日本語教室、
外国人住民を対象とした相談事業などを実施してきました。現在、初級日
本語教室には中国籍やフィリピン籍の住民が常に4,5人参加しています。
相談事業も、この3カ月で20件ほど寄せられています。
 高島平ACTでは、2月17日に理事会を行い、当面の日程について協議をしま
した。その結果、できる限り早い時期に事務所兼サロンを開設すること及び
連続講座の開催を決めました。
 連続講座は4月ないしは5月からの開催を予定しており、高島平及びその周
辺地域の多文化まちづくりに関する内容になります。詳細は3月中旬ころにお
知らせできると思います。高島平及びその周辺地域では、近年外国人住民が増
えつつあります。国籍、世代を超えて、誰もが住みやすいあたたかなまちをつ
くるために一歩を踏み出したいと考えています。多くの住民の皆様のご支援を
お願いします。

(吉成勝男)
プロフィール

マリアカルメン

Author:マリアカルメン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。